隠れシミ

隠れシミと闘おう!

特殊なカメラで撮影するとわかりますが、隠れシミって私たちが想像する以上にたくさん潜んでいます。

隠れシミ画像

(参考)総合健康開発研究所のビジュアル解析

これが近い将来、肌の表面にはっきりと現れてくる・・・。恐いですね。
つまり、肌の表面に現れてきたシミだけと闘っていてもダメなわけですよ。

 

肌の奥に隠れシミを作らない。
肌の奥の隠れシミを取る。

 

ということが、非常に大事になってきます。

 

『私は美白化粧品で毎日ケアしているから大丈夫よ♪』

 

私も最初はそう思っていました。

 

ところが、私たちの肌っていろんな物質を簡単には通さないようになっているんです。
そりゃそうですよね。どんな物質でも浸透したら大変なことになってしまいますもんね。
だから、隠れシミ対策で一番大事なケアは、肌にしっかり浸透する美容液を使うということなんです。

 

シミに効果がある成分は新しく発見されている

シミ対策に効果がある成分は昔とは違っています。

 

さて、問題です。全部で3問。

 

@ 出来てしまったシミに最も効果的な成分は?
A 現在、シミ予防にもっとも効果を発揮する成分は?
B シミの原因になる活性酸素を消去する成分は?

 

たとえば、以前、『アルブチン』という成分がシミ予防に効果があるとされていました。
しかし、その後、『コウジ酸』が『アルブチン』の何倍もの美白効果があると発表されました。
このとき、世の中は『コウジ酸』以上にシミの対策に効果がある成分は現れないだろうと思っていました。

 

ところが、その『コウジ酸』の22倍の有効性が確認された成分が現れたのです。
このように、シミ予防や対策に効果がある成分は時代とともに変わってきていますので、私たちは常に最新の成分を取り入れた美容液を探す必要があるのです。

 

で、さっきの問題の答えは?

答えの前に、もうひとつ大事なことがあります。
それは、その有効成分が肌に浸透するかどうかです。
どんなに有効な成分でも肌に浸透しない限り、隠れシミには効果を発揮してくれません。

 

そして厄介なことに、私たちの肌は簡単にはいろんなものを通さない仕組みなっているのです。
でも、やってくれました!
元カリフォルニア大学教授のブライアンケラー博士が「皮膚浸透テクノロジー」を発明してくれました。

 

この「皮膚浸透テクノロジー」は国際間特許を取得しています。
いままでの美容液の3倍の浸透力があることが認められました。
これにより、シミの原因となるメラニンの量を90日で81%減少させることができました。

 

@ 出来てしまったシミに最も効果的な成分は?
A 現在、シミ予防にもっとも効果を発揮する成分は?
B シミの原因になる活性酸素を消去する成分は?