隠れシミ

隠れシミ取り前にシミを知る

シミ取りのためには、隠れシミを理解することです。お肌に目立つシミができた場合、どのようなシミ取りケアをするといいのでしょう。隠れといっても様々なシミがあります。シミの性質、成り立ちによって適切な隠れシミの取り方は違います。

 

老人性色素班が、大半のシミを占めます。年齢による影響や、紫外線に肌をさらしたことによってできるものです。気になりだすのは20歳以降で、紫外線による肌への影響によるものです。シミ取りをきちんと行うだけでなく、外出時や窓際の作業などでは紫外線に注意することが重要です。

 

年を取ると増える肝班というシミもあります。30歳を越える頃から用心が必要になります。肝班は、ストレスや女性ホルモンの作用で増加します。主にほほや額にできるので、美容が気になる女性にとっては深刻な問題です。体の中から、シミ取りを行うことが重要になってきます。

 

鼻から頬にかけて、俗にそばかすと呼ばれる細かいシミができることがあります。雀卵班という名称がついており、遺伝によってできるシミだともいいます。この他に、傷やにきびの痕が炎症を起こした時に、色素沈着が残ってシミになることもあります。

 

そばかすや色素の沈着は、シミができた原因や年齢に関係と関係なく、長期間紫外線にさらされて更に濃くなり、取りづらくなることがあります。そして隠れシミですね。肌の奥にあるシミです。これが将来肌表面に現れて、お肌に目立つシミになるわけです。

 

⇒ 最新の美容成分で隠れシミをとる